冬至の今日は柚子湯で邪氣払いを

 


 

皆さま こんにちは

鍼灸サロンBeverlyの森岡麻衣です♡

いつもご愛読下さりありがとうございます。

 

本日21日は【冬至】ですね。

冬至と言えば“柚子”と“かぼちゃ”

 

先日お客様から

手作りの柚子茶をいただき

毎朝お湯で割ったり

ヨーグルトにかけていただいています♡

 

柚子のあのなんとも言えない

香りや風味が好きで

毎朝の楽しみになってます♪

 

 

東洋医学には陰陽論という

考え方があります。

冬至は太陽の力が最も弱くなる日で

陰のエネルギーが

最高潮に達する日といわれていて

ここからは陽に向って上昇していきます。

 

この時期は多くの人が

自律神経のバランスが乱れ

疲れがたまりやすかったり、

咳が出やすくなったり

お肌のかゆみが

強く出てくることもあります。

 

また、胃腸の調子が悪くなることも…

師走になり氣持ち的にもどことなく

ソワソワしたり

イベントごとが増え

氣分が高揚する分

その後なんとも言えない疲労感にかられたり

なんてことも多々…

 

なので、今の時期はとにかく

ゆっくりお風呂につかって

身体を温めることと

ゆっくり休むこと

これが大事です!!

 

ちょうど冬至なので

今夜は柚子湯に浸かって

今年のご自身の労を労ってあげてください。

 

柚子には邪気を払う効果があります。

冬至を境に

運氣が上昇すると考えた昔の人は

運を呼びこむ前に体を清め

温めることで厄を払おうと考えました。

 

お湯に浸かること自体に

お清めの意味がありますが

そこに香りの強い柚子を入れることで

邪氣を払う効果がプラスされるので

冬至の日は

柚子湯に入るようになったそうです。

 

今年も様々なことがありましたよね…

 

払っておきたい邪氣も

たくさんあるはず!!

 

今夜は温かい柚子湯にゆっくり浸かって

邪氣払いなさってくださいませ。

 

 

柚子湯には

血行を促進して冷え性を緩和したり、

身体を温めて風邪を予防したり

果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる

美肌効果もあるとか♡

 

さらに、

芳香によるリラックス効果もありますから、

元氣に冬を越すためにも

大いに役立ちますよ♪

 

また、冬至の日には

「ん」がつくものを食べることで

運氣が上がるとも昔から言われてきました。

れんこん、だいこん、いんげん、ほうれん草

こんにゃく、さんま、みかん、りんご など

特に「ん」が2個つくものは

“冬至の七種(ななくさ)”と

呼ばれているようですよ!

 

・ なんきん(かぼちゃ)

・ にんじん

・ れんこん

・ ぎんなん

・ きんかん

・ かんてん

・ うんどん(うどん)

 

 

特に冬至の風習で全国的に最も一般的なのが

かぼちゃですね!!

 

昔からかぼちゃは栄養豊富なので、

風邪をひきやすいこの時期に食べるのが

健康に良いとされてきました。

 

かぼちゃは糖質が多く水分が少ないため

野菜の中では高カロリーです。

 

栄養素的には野菜というよりは

イモ類に近く

炭水化物の野菜と見ることができます。

 

ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、

ビタミンC、カリウム、食物繊維 など

 

重要な栄養素の多くが豊富に含まれるため

野菜の中でも

トップレベルの栄養価を誇るのです!

 

風邪やインフルエンザの予防として

非常に心強いですし、消化にも良いので

実際にこれらの病氣にかかってしまった際の

栄養補給にも重宝するのでオススメです。

 

昔からの言い伝えや行事には

必ず理にかなった意味があるんですね!

 

私も元氣に冬を越せるように

今夜は柚子湯に入って

かぼちゃの煮つけを頂いて

リラックスしようと思います~♡

 

 

今日も最幸な一日に感謝♡

いつもありがとうございます。

充実した毎日に感謝です♡