秋の食養生

 

 

皆さま こんにちは

鍼灸サロンBeverlyの森岡麻衣です♡

 

いつもご愛読下さりありがとうございます。

 

 

さつま芋と栗が大好きな私には

たまらない季節です♪

 

この時期は、日中は暖かく、

日が暮れると涼しくなるように

昼夜の氣温差が激しく

湿度が低くなるので 東洋医学的に

身体の中で最も影響を受けやすいのが

【肺】です。

 

他にも

気管支、鼻といった呼吸器系統や

皮膚、皮毛などにも影響が出やすく

 

呼吸器疾患、鼻閉、空咳、

皮膚の乾燥、掻痒感といった症状が

生じやすいです。

 

 

また、精神的には、秋は

悲しみ、憂いといった感情が強くなり

気分の落ち込みや

鬱症状を呈しやすくもなります。

 

夏の疲労感が強く出てきたり

倦怠感を感じやすくもなります。

 

なので、秋には、少し遅めの起床にて

睡眠時間を増やすことがよいですし

お昼に仮眠を取るのもオススメです。

 

 

ここで無理をすると

冬の寒さに身体を痛めやすくなりますので

お氣を付けくださいね!!

 

 

そこで日常では

食べ物で養生することもできますので

少し意識して摂ってみていただけると

いいなと思います。

秋の食材は“少辛多酸”といって、

辛いものは少なめに、

酸っぱいものを多めに取るという

考え方があります。

 

辛いものは身体に熱をもたらし、

発汗作用がありますが

秋の氣温低下にある程度は必要なのですが、

量が多いと

乾燥症状を悪化させるのでご注意を。

 

酸味は、梅干で!

酸味は粘膜の分泌作用を促すなど

身体を“潤す”作用があります

そのために秋の乾燥に対してはバッチリ!

 

しかし、多く摂取すると

酸味も身体を冷やす作用もあるので

辛いものも少量に合わせて

バランスをとる必要があります。

 

 

また、秋の食事では

冬に向けて栄養を蓄えることも

重要なポイント!!

 

サバやサンマなどの旬の魚は、氣を養う上に

ビタミン・ミネラルが豊富です。

 

体質を強化する

栗や里芋、自然薯(ジネンジョ)などの

秋の味覚もお勧めです♪

 

 

秋刀魚/サバ/イワシ

れんこん/ねぎ/春菊/さつま芋

梨/百合根(ユリネ)/玄米/白きくらげ

ぶどう/蜂蜜/胡麻

梅干/銀杏(ギンナン)

 

など…

意識して摂ってみられてください(*^^*)

 

体は食べた物でできていますからね!

 

まずは簡単にできる日常の中から

意識を少し変え

楽しい日々を過ごしたいものですね(^^)

 

 

今日も全てに感謝しています。

ありがとうございます♡

 

===10月 休診日のお知らせ===

■ 20日、24日 終日休診

================